自分で遺品整理をするのがつらかったので大阪の業者に頼みました

大切な人が残していった品物を見ていると、悲しみがこみあげてきてしまい、遺品整理が出来なくなってしまう状況でした。
賃貸マンションの退去日も迫っているので、早く片づけを終えなくてはならないため、私は大阪の業者に手伝ってもらうことにしました。
大阪の業者に連絡したら、すぐにベテランのスタッフさんが片づけのサポートに来てくれました。
たとえ見知らぬ方であっても、誰かがそばにいて一緒に作業を手伝ってくれているという安心感もあり、悲しまずに遺品整理作業を進めることが出来ました。
スタッフさんとちょっとした雑談をしながら片づけをしていたら、だんだんと片づけの意欲もわいてきたのです。
そして、作業中に見つからなくて困っていた貴重品なども発見することが出来たのです。
その大阪の業者の助けを借りたおかげで、なんとか賃貸マンションの退去日までに片づけを終了させることができ、私も新たな気持ちで前を向いて頑張っていこうという気持ちになることが出来ました。