文法は基本ですが

文法は英会話の基本ですが、文法が分からなくても会話できない訳ではありません。ただ会話に進むのか応用など少し困難するかもしれません。ただ、日本人はよく文法にこだわっているのに喋れないかたも少なくはないのですが、今まで習った英単語にどのように効率的に使えば英会話ができるのでしょうか。実は中学校3年間の英語教育で蓄積された知識はとても大事な武器であり、あのごろ覚えた英文法は甦らせて、無理なく工夫したら簡単に英会話はできるということです。

このブログは海外出張や海外旅行に行くときよく使う場面をイメージして、英会話を紹介したいと思います。ほとんど中学英語レベルの文法と単語を使いますが、頭の中にその英語の使う状況を想像しながらイメージを結んで、例文を覚えやすくなると思います。

 

基本動詞を使って表現はいろいろです

Have

原形 have, 過去had, 過去分詞had

頭痛も黒髪も兄弟もみんな持っていると考えるとhaveで表示します。

 

I have some money with me.

I have a care.

I have a brother.

I have a cup of coffee.

I have an idea.

 

Haveはいろいろな意味があって、「持っている」意味は広い意味です。所有する、ある性質がある、などなどいろいろな意味を含まれています。

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です