使われてる単語に、英米 での違い

Have (got) to は、イギリスでも現在使われていますので、この違いはなくなりつつあります。

英:This must be the best film I`ve ever watched.

米:This has (got) to be the best movie I`ve ever watched.

(これは私が見た映画の中に最高の映画に違いないです。)

よく読んでみると、この中に、must/ have (got) toの違いだけではなく、「映画」という単語は、イギリスとアメリカで使われてるのも違います。

 

英:This must be the shop.

米:This has (got)to be the shop.

(これがお店に違いないです。)

 

 

Canはイギリスでもアメリカでも「can」は能力(You can do it.)や許可(You can go now.)として使われています。しかし否定的な推論をするときには使い方の違いが生じてきます。

英:If you were late, you can`t have finished your homework on time.

米:if you were late, you mustn`t have finished your homework on time.

(遅れたということは、君は時間までに宿題を終われられなかったに違いないです。)

 

英:If they weren`t there , they can`t have left home.

米:If they weren`t there, they mustn`t have left home.

(もし彼らがそこにいないなら、かあれらはまだ家を出ていないはずです。)

 

もう一つ重要は違いは前置詞の違いがあります。意味に影響することはありませんが、お互いに奇妙に聞こえます。

 

英:I`ll see you at the weekend.

米:I`ll see you on the weekend.

(週末に会いましょう。)

 

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です