スペリングの違い

イギリス英語とアメリカ英語では、綴りに多くの違いがあります。これはアメリカ製コンピューターソフトを使うイギリス人にとっては、困ったことです。イギリス式に多々敷く綴った単語でも、アメリカ製のソフトにスペリングミスとして、はじき出されてしまいます。アメリカ英語の綴りは意義る市のものと比べて短くなる傾向にあり、イギリス英語では、同じ発音をする単語を区別するために、tire/tyreのようによく異なった綴りをします。

ところで、Tシャツやバッグ、レストランなど、東京ではスペリングをはじめとした英語の間違いをどこでも見つけることができます。あなたは綴りが間違っていたり、意味のない日本語がプリントされたTシャツを着たいとおっもいますか?(私はそんなこと、恥ずかしくてできません。もしそれがファッションなら、私も受けられません!Spelling miztackes iz kool!)

英:cheque  米:check (小切手)

英:ageing  米:aging (老化)

英:judgement 米:judgment (裁判)

 

 

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です