英語の音

国際音声表記表には52の音がありますが、英語の音はいくつあるのでしょうか?英語は多くの異なった音を持つため、ことによるとほかのどの言語よりも多いかもしれません。少なく見積もる言語学者で12の母音、9の二重母音、23の子音からなる44種類の音があるとしています。しかし実際はこれ折りもはるかに多く、それぞれの音をどのように図るによって違ってきます。

例えば、“or”のような組み合わせは、たいていの単語(worm, word)では同じ音として扱われますが、厳密にいえば単語中の最後の子音(m、d)の影響により違う音で発音されています。“ng”の音もたいてい1つの音として扱われますが、違った単語中に現れれば違う音で発音されます。

イギリス英語とアメリカ英語の発音の一番の違いは、母音の音とストレスの位置です。例えば、3つの文字からできている単語“dog”の“d”と“g”のアメリカ英語とイギリス英語の音はほとんど同じです。

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です