The Letter “T”

イギリス英語の“t”の音は声門閉鎖にかわります。つまり、letterやbetterは“le`er”や“be`er”と発音されます。これは“t”が、母音に前後を挟まれている場合に起こります。アメリカ英語でも同様に事が見られますが、アメリカ英語の場合“t”が“d”に変化します。

 

例:

You`d better let me open the letter.

(手紙の開封は、私に任せた方がいいですよ。)

 

Let her get a better water heater.

(彼女に、ましな給湯装置を買わせましょう。)

 

Betty ought to write a better letter.

(ベティーはもっと上手な手紙が書けるはずです。)

 

Put it in a bottle.

(それを瓶に入れなさい。)

 

以下の文章は英語で使われる100の最も一般的な単語を含んでいます。AEとBEの違いを読んでみましょう。(発音の違いに着目するための文章なので、特に意味を持ちません)。

 

There was a time when people really had a way with words. They said and did what they could, so that each little thing would then be made good and clear, both at home and all over the world. They knew that it was very important to use a few short words, because most of the long ones were too hard for them. The only other thing about words is the number of school children who are called names even if they know how to say something right, but can`t find a way to use it in sentence.

The letter “A”

イギリスのReceived Pronunciation (RP) =クイーンズイングリッシュは上流階級的発音で、“a”を長めに発音します。一方、General American (GA) は短く発音します。

北イングランドやそのほかの地域の人々は、アメリカ英語のように“a”を短く発音し、南東部は“a”の音を長く発音します。

RPとGAとの発音の違いを下記の例をよく見ましょう。

aunt, path, dance, laugh, glass, grass

 

My aunt can dance well.

(私の叔母は踊りがうまいです。)

 

Your laugh could break a glass.

(あなたの笑い声で、ガラスを割ることができるかもしれません。)

 

The path winds through the grass.

(小道は草原を曲がりくねって走っています。)

 

ほとんどの日本人はGAの短い“a”の発音をしています。もしイギリス上流階級の人々のように発音したい場合は、RPの長い“a”の発音をしてみてください。でも中には、cant (隠語)やgrand(気取った)など“a”を長く発音しない単語もあるので注意してください。

 

アメリカ人とイギリス人のやり取りを聞けば分かってくると思います。

例:

英:what herbs do you usually cook with?

米:I use oregano, basil and paprika. I don`t use many herbs.