The letter “A”

イギリスのReceived Pronunciation (RP) =クイーンズイングリッシュは上流階級的発音で、“a”を長めに発音します。一方、General American (GA) は短く発音します。

北イングランドやそのほかの地域の人々は、アメリカ英語のように“a”を短く発音し、南東部は“a”の音を長く発音します。

RPとGAとの発音の違いを下記の例をよく見ましょう。

aunt, path, dance, laugh, glass, grass

 

My aunt can dance well.

(私の叔母は踊りがうまいです。)

 

Your laugh could break a glass.

(あなたの笑い声で、ガラスを割ることができるかもしれません。)

 

The path winds through the grass.

(小道は草原を曲がりくねって走っています。)

 

ほとんどの日本人はGAの短い“a”の発音をしています。もしイギリス上流階級の人々のように発音したい場合は、RPの長い“a”の発音をしてみてください。でも中には、cant (隠語)やgrand(気取った)など“a”を長く発音しない単語もあるので注意してください。

 

アメリカ人とイギリス人のやり取りを聞けば分かってくると思います。

例:

英:what herbs do you usually cook with?

米:I use oregano, basil and paprika. I don`t use many herbs.

 

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です