天気の話

天気の良いイギリスの夏の日は最高ですが、残念ながらごく稀にしかありません。あまり熱帯地域に行き過ぎない程度、南へ引っ張っていけたら、イギリスは、より素晴らしい国になるに違いありません。天気の話について、単語の紹介をさせていただきます。

scorcher/ sizzler  (とても暑い日)

“Phew! What a scorcher.”(フー、なんて暑い日なんだ。)

 

cats and dogs (土砂降り)

“It`s raining cats and dogs again.”(またはげしくあめがふっているわ。)

※cats が大雨、dogsが強風を招くという迷信からの単語です。

 

spitting (雨がパラパラ降る)

“Let`s go now. It`s only spitting.”(今のうちに行こう。パラパラ雨が降っているだけだから。)

 

freezing (凍るような・非常に寒い)

“Brrrrr! It`s freezing this morning.”(ぶるぶるぶる。今朝は凍るように寒い。)

 

muggy (湿気が高く、蒸し暑い)

“Oh, it`s muggy in here, don`t you think?”(個々の中は蒸し暑いと思わない?)

 

pouring down/ pissing down (雨が激しく降る)

“It`s been pissing down for three days now.”(今日で3日も雨が強く降り続いているよ。)

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です