お金の話

イギリスでお金に関する話をするときには、少し気を付ける必要があります。どれくらい収入があるかを言ったり、聞いたりは絶対にしません。間接的な訪ね方は、何をして生計を立てているかとです。最近ではアクセントだけで生活水準をしることは不可能です。

 

brass (お金)

“I don`t make enough brass to go there.”

(そこに行くのには身分不相応です。)

 

reddies(現金)

“Got any reddies on you?”

(現金を持っていますか?

※お金や現金を表す言葉 dough, dosh, lolly, spondoolicks, breadなど

 

kitty(共同資金また勝負事の賭け金

“There was L50 in the kitty.

(みんなで使えるお金は50ポンドあります。

 

“Everyone has to contribute a tenner to the kitty.

(全員、共同資金に10ポンド入れなくちゃなりません。

 

coppers(小銭)

“I need some coppers for the machine.

(販売機用に小銭が必要です)

 

a mint/ a packet/ a small fortune/ a bundle(大金)

“That must have cost a mint.”

(それには大金がかかったに違いありません。)

 

“Don`t spill anything on the carpet. It cost us a small fortune.”

(カーペットにこぼすなよ。結構高かったんだから。)

 

shirt(持っているものすべて)

“I wouldn`t bet your shirt on it.”

(僕だったら、あり金全てを賭けたりはしないだろう。)

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です