天気の話2

天気は“Nice day again.”や“Warm for December.”や“Cool for July.”など、和やかな会話はじめによく使われます。結果的にイギリス人は天気のことばかり気にかけており、クリスマスに雪が降るか降らないかかけたりもします。7千人以上の人々がテレビの天気予報を確認していますが、これは非常に驚くべきことです。なぜなら、天気はいつもほとんど変わらず、常に悪天候なのですから。陰気で、悲観的なイギリスの国民性には、きっとこの天気が大きく影響しているに違いありません。

 

spot (ぽつぽつ雨が降る)

“We might be in for a spot of rain today.”

(今日は雨が降りそうです。)

 

“I just felt a spot of rain.”

(今、ポツリと雨を感じました。)

 

brass monkeys(とても寒い)

“It`s brass monkeys out there today.”

(今日、外はとても寒いです。)

 

parky/ nippy/ chilly(かなり寒い)

“It`s a bit parky today, isn`t it?”

(今日はかなり寒くないですか?)

 

boiling/ baking/ roasting (うだるように熱い)

“I wouldn`t go outside. It`s baking.”

(外にはいかないだろう。だってうだるように熱いよ。)

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です