イギリス人の食生活

スポーツはイギリスで大変人気があります。しかし今日の労働階級の人々は体に良くない料理を多く食べ、喫煙し運動しないという傾向にあります。しかし中流階級の人々は逆に、健康食品に凝り、有機栽培で育てた作物を食べ、定期的に運動する傾向にあるようです。

イギリス人にとってりんごは健康の象徴で、“An apple a day keeps the doctor away.”(1日1個のリンゴで医者いらず)というくらいです。

イギリス人は、自分たちのリンゴにとても誇りを持ち世界一だと思っています。500種類以上のリンゴがありますが、多分Cox`s applesがもっとも有名なのではないでしょうか?“A rotten apple”(ほかに悪影響を及ぼすもの)“The apple of one`s eye”(非常に大切なもの・人)“To upset the apple cart”(人の計画を台無しにする)など、appleを使った言い回しもいくつかあります。

イギリスの果物や野菜は高い品質を保ちますが、日本に比べるとずっと安く手に入れることができます。日本のメロンやサクランボの値段をイギリス人が見たら大変驚くことでしょう。

スポーツ

国が豊かな時は、余暇のために時間とお金を使う事ができます。イギリスはかつて、地球上でもっとも富んだ国家であったため、スポーツに多くの時間を費やすことができました。その結果、多くの世界的スポーツ(サッカー、ラグビー、テニス、ゴルフ、ホッケー、スカッシュ、クローケー、馬術競技など)を発明するに至りました。

残念なことに、これらすべてのスポーツを発明したにっもかかわらず、イギリスがその世界一位の座を保ち続けることはできていません。

現在、意義r巣で最も人気のあるスポーツはfootball(サッカー)です。かつてリバプールの監督をしていたビルシャンキーは次のように言っています。

“Some people think football is a matter of life and death. I can assure them it is much more serious than that.”「サッカーは生死にかかわる問題だという人がいるが、私に言わせれば、それ以上に重要なことだ」

イギリス人の多くは、男性も女性も自分たちの地元チームの熱狂的なファンです。残念ながらサッカーファンの中にはけんかすることが目的のフーリガン(hooligans)の一団がいます。

スーツについて

イギリスでは着ている服でその人の階級を判断できることがあります。ほとんどのイギリス人は日本人ほどブランドネームは気にせず、日常はジーンズやTシャツなどカジュアルな服を着ています。しかし年間を通してdress-up(ドレスアップ)する機会が多くあります。

チャールズ2世によって考案されたスーツは、イギリスの誇る世界的発明の1つです。もっともよいスーツを買うならロンドンのSavile Rowでオーダーメイドするのが良いでしょう。ジャケットに20箇所、ズボンに5箇所の採寸が行われ、1着のスーツに平均3回の仮縫いをします。それぞれのスーツは275から300バーツから、ほとんどすべて、手作り業で仕立てられます。伝統的なスーツは、袖に4つボタンがあり、後ろにベントが1つあります。

シャツを買うならロンドンのJermyn Streetです。シャツの伝統的スタイルはダブルカフスで胸にポケットがないものです。念のためイギリスへ行くときは、フォーマルとインフォーマルを用意します。あくまでもover dressは禁物です。