スーツについて

イギリスでは着ている服でその人の階級を判断できることがあります。ほとんどのイギリス人は日本人ほどブランドネームは気にせず、日常はジーンズやTシャツなどカジュアルな服を着ています。しかし年間を通してdress-up(ドレスアップ)する機会が多くあります。

チャールズ2世によって考案されたスーツは、イギリスの誇る世界的発明の1つです。もっともよいスーツを買うならロンドンのSavile Rowでオーダーメイドするのが良いでしょう。ジャケットに20箇所、ズボンに5箇所の採寸が行われ、1着のスーツに平均3回の仮縫いをします。それぞれのスーツは275から300バーツから、ほとんどすべて、手作り業で仕立てられます。伝統的なスーツは、袖に4つボタンがあり、後ろにベントが1つあります。

シャツを買うならロンドンのJermyn Streetです。シャツの伝統的スタイルはダブルカフスで胸にポケットがないものです。念のためイギリスへ行くときは、フォーマルとインフォーマルを用意します。あくまでもover dressは禁物です。

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です