宗教に関する英会話

イギリス史の中心は宗教です。イギリス国家独立の最も重要なものの一つが、ヘンリー8世が遂行したローマカトリック教会からの離脱ではないでしょうか。イギリスにいる50%の人々は英国国教会(プロテスタント)に属します。次いで、カトリックが2番目に大きく、他にもイスラム教、ヒンズー教、ユダヤ教などが自由に信奉されています。

今日、大多数の人々は礼拝へ行きません。行ったとしても、1年に1、2度、結婚式や洗礼、クリスマスだけでしょう。これは、科学的知識が宗教を社会の端へと押しやってしまったからだと考えられます。

 

1.Bible-basher[極めて信心深いキリスト教信者]

“We had a Bible-basher come to the house yesterday”

(昨日、家に信心深い人が来たよ。)

 

2.God squad[教会員]

“He`s a member of the local God squad.”

(彼は地域の教会員の一人です。)

 

3.Old Nick[悪魔、魔王のこと]

“You are as a bad as Old Nick himself.”

(あなたは悪魔と同じくらい悪い子だわ。)

 

4.Prot/ Prod[プロテスタント]

“The Prots live mainly in the north.”

(プロテスタントは元に北部に住んでいる。)

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です