Education

イギリスの教育システムは、日本と大きく異なります。イギリスの中等教育は日本の中学、高校教育の時期に当たり、3種類の学校があります。

・secondary/ comprehensive school

(誰でも入学可能な公立学校)

・grammar school

(入学試験があり、secondary schoolよりよい教育が受けられる)

・public school

(高い授業料が必要だが、質の高い教育が受けられる)

 

イギリスでは学年のことを“grades”ではなく“years”と言います。中等教育は5学年(11歳~16歳)まであり、5年生でGCSE`s試験を受けることになっています(GCSE`s: General ertificate of Secondary Education.以前は0レベル(Ordinary Level)と呼ばれていました)。3~15学科のGCSE`sを選択することができ、その学科は科学、1~2種類の外国語、歴史と地理、数学、国語と文学など一般的なものです。AかBかCと評価されれば、卒号することができ、それ以下は落地となります。この段階で働くか、2年間Aレベル(Advanced Level:大学へ入学する多面御資格)取得に向けて学習するため6学年(高校に当たる)へ進級するかを選択できます。

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です