フランス語と階級制度

イギリスの階級制度は1066年のノルマンフランス人の侵略により始まったと言えるのではないでしょうか?彼らはこの後、約300年イギリスの統治者となり、統治階級の公用語としてフランス語を使用しました。このとき、英語も使用されてはおり、1362年に“Language of the people”(公用語)として再出現を達成しました。しかし、この約300年間で英語は約1万語をフランス語から吸収していました。英語つまりアングロサクソン語の中の語学上の溝を埋めたこれらの単語は、優雅で形式的な言語使用域、言い換えればposh(上流的な)英語を創り出すこととなりました。これらの単語はイギリス人を支配したノルマンフランス人の主権を反映しています。

ビクトリア時代“proper”(礼儀たたしい)英語を話すことがとても大切で、話し方でその人の階級を判断することができました。

つまり、上流階級者は礼儀正しい英語を話し、地方アクセントは見下されていました。しかし今日では、上流階級アクセントはその威信を失い、地方アクセントにとって変えられようとしています。

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です