gambling

イギリスでギャンブルはビッグビジネスです。競馬(UKんは59もの競馬場があります)、競犬、サッカーくじ、スクラッチカード、カードゲーム、エルビスプレスリー

はまだ生きているかなど、イギリス人はほとんど何にでも賭けをします。また株式投資をする人もたくさんいます。しかし何といっても最高賞金が得られるのは、ナショナルロッタリー(1994年11月~)です。もし当たれば数百万ポンドの賞金を得ることができます。多くの人々が賭けに夢中で、子供でさえ“I betcha can`t climb that tree.”「君があの木に登れない方にかけるよ」とsportsman`s bet(チャレンジ賭け)をします。

 

1.flutter[(博打や投機で)小額の賭け、一山貼ること]

“I think I`ll have a flutter on the horses tomorrow.”

(明日少しだけ競馬にかけてみようと思う。)

 

“He`s going to flutter all his money way.”

(彼は全財産で、一山貼るつもりだ。)

 

2.bookie[賭元、賭け屋]

“I always use the bookie on the corner.”

(俺は角の賭け屋をいつも使っている。)

 

“That bookie always gives the best odds.”

(あの賭元はいつも配当率が一番いい。)

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です