社交3

あなたのお父さんの年を言うとき:

My old man`s 80 now.

 

友達の結婚について噂話をするとき:

Did you know Bob`s tying the knot?

 

テレビ番組について尋ねるとき:

What`s on the box tonight?

 

誰かに結婚を申し込まれたとき:

I popped the question on Saturday.

 

奥さんの両親に合わなければならないとき:

The in-laws are coming round tomorrow.

 

BBCチャンネルについて話しているとき:

The beeb seems to be dropping its standards.

 

夫にあったかどうか聞くとき:

Have you met my other half?

 

あなたの妻について話すとき:

Here comes the trouble and strife.

 

The Body

 

体のさまざまな部分が、多くの表現やイディオムに使われています。体の部分をあらわす単語は、名詞としてだけでなく動詞としても機能することがあります。また他の単語と連結して新しい単語に発生することもあります。例えば「head」headstone墓石/ headache頭痛/ headline 見出し/headhunt 引き抜き/ headlight ヘッドライト/ headphone ヘッドフォン…など、馴染み深い単語だけでも、たくさん見つけられます。

こちらは体の部分や、それに関連したフレーズを今後も紹介いたします。

社交2

1.hubby/ other(まれにbetter) half [husband :夫]

“Where`s your other half tonight, Joan?”

(ジョーン、今夜おたくのご主人はどこにいるの?)

 

“Isn`t that your hubby over there?”

(あそこにいるの、あなたの旦那じゃない?)

 

2.missis/ her indoors/ trouble and strife (コックニースラング)「wife :妻」

“Your missis was just looking for you.”

(奥さんがあなたのことを探していましたよ。)

 

“Here comes her indoors.”

(奥さんが来たぞ。)

*missisは主に女性が使い他は主に男性が使う。

 

3.in-laws[義理の両親]

“I`ve got to meet the in-laws tomorrow.”

(私は明日、義理の両親に合わなければならない。)

*時々冗談でout-lawsということも。

 

4.tie the knot/ get spliced/ get hitched[結婚する]

“Did you hear Bill`s about to tie the knot?”

(ビルが結婚したことについて聞いた?)

 

5.pop the question[求婚する]

“I think it`s about time I popped the question.”

(ポロポーズをする時期がやってきたようだ。)

 

6.folks [両親]

“I`m going to my folks place this weekend.”

(今週末、両親のところへ行くつもりだ。)

 

7.old man/girl[お父さん(お母さん)]

“My old man`s copper.”

(うちの親父は警官だ。)

 

8.dump[ふる]

“He dumped me again.”

(彼にまたふられた。)

 

社交

感情、意見、問題などいろいろなことについて、あってすぐにでも打ち解けられるアメリカ人と違って、皆さんはイギリス人をはじめは冷たくて友好的ではないと感じるかもしれません。このような開放的で友好的なアプローチをしないのは、イギリス人がそうされることを厄介だと思っているからです。イギリス人との関係発展には時間がかかりますが、一度築けば一生涯のものとなります。

イスラエルの友人が1度、私が彼の家族について何も尋ねないことに腹を立てたことがありました。イギリス人は、個人的な質問は大抵よく知った人でなければしませんが、彼の国では家族について尋ねることはごく一般的なことなので、彼は私が冷たくしていると思ったらしいのです。一方、私は彼の家族に一度もあったことがないので特に何も尋ねないでいたのです。このように、個人の文化的観点から多文化を判断すると問題がいじることがあります。

1.mate/ pal/ chum [friend:仲間]

“Hello, mate.”

(やぁ、仲間。)

 

イギリスについて語る人々

人々が、特にイギリス人自身がイギリスについて書いたこと、言ったことは、イギリスの神話やイギリスらしさを創造する手掛けをしました。

George Chapman: Alphonsus, Emperor of Germany.

An Englishman,

Being flattered, is a lamb;Threatened, a lion.

イギリス人にお世辞をいえば子羊の様でいるが、脅したりすればライオンのようになる。

 

John Milton: The Doctrine and Discipline of Divorce.

Let not England forget her precedence of teaching nations ho to live.

どっやって生きるか人々に教えてきたということをイギリスは忘れないようにしよう。

 

Cecil Rhodes: (1853-1902)

Ask any man what nationality he would prefer to be, and ninety-nine out of a hundred will tell you that they would prefer to be an Englishman.

どの国の国民になりたいか聞いてみてください、100人中99人がイギリス人になりたいと答えるでしょう。

 

Margaret Drabble: A Natural Curiosity.

England`s not a bad country……It`s just a mean, cold, ugly, divided, tired, clapped-out, post-imperial, post-industrial slag-heap covered in polystyrene hamburger cartons.

イギリスは悪い国ではない。ポリエチレンのハンバーガー容器に覆われたみすぼらしくて、寒くて、醜くて、分割されて、疲れて、使い古されて、帝国が衰得て、産業が撤退したぼた山というだけのことだ。

 

Charles Kingsley: (1819-75)

`Tis the hard grey weather

Breeds hard English men.

この住みにくい気候が

強いイギリスっ人を培う。