社交

感情、意見、問題などいろいろなことについて、あってすぐにでも打ち解けられるアメリカ人と違って、皆さんはイギリス人をはじめは冷たくて友好的ではないと感じるかもしれません。このような開放的で友好的なアプローチをしないのは、イギリス人がそうされることを厄介だと思っているからです。イギリス人との関係発展には時間がかかりますが、一度築けば一生涯のものとなります。

イスラエルの友人が1度、私が彼の家族について何も尋ねないことに腹を立てたことがありました。イギリス人は、個人的な質問は大抵よく知った人でなければしませんが、彼の国では家族について尋ねることはごく一般的なことなので、彼は私が冷たくしていると思ったらしいのです。一方、私は彼の家族に一度もあったことがないので特に何も尋ねないでいたのです。このように、個人の文化的観点から多文化を判断すると問題がいじることがあります。

1.mate/ pal/ chum [friend:仲間]

“Hello, mate.”

(やぁ、仲間。)

 

Comments

(0 Comments)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です