教育の話

パブリックスクールは文字通りの公立学校ではなく、学費の高い私立学校のことです。元来貧しい人のための学校だったのが、質の高い教育が得られるため裕福な家庭からも子供たちが送られてくるようになりました。教育水準の高いパブリックスクール卒という経歴は、ビジネスをするときなっど後の人生に役立ちます。

 

1.swot[勉強家]

“You`re such a swot!”

(なんてあなたは勉強家なの!)

 

2.uni[university:大学の短縮形]

“When are you going to uni, Andrew?”

(いつ大学へ行くんだ、アンドリュー)

 

3.flunk[(試験などで)失敗する(学位を)落とす]

“I`ve definitely flunked these exams.”

(僕は絶対この試験を落としたよ。)

 

4.crib[かんいんぐする、盗用する]

“Sir! James is cribbing.”

(先生!ジェームス君がカンニングしています。)

 

“Henry. Can I crib your homework?”

(ヘンリー

宿題を写させてくれないかな?)

 

5.bunk off/skip[(学校を)ずる休みする、さぼる]

“I feel like bunking off school today.”

(今日は学校をずる休みしたい気分だなぁ。)

 

“Let`s skip the next lecture.”

(次の講義、さぼろうよ。)

Education

イギリスの教育システムは、日本と大きく異なります。イギリスの中等教育は日本の中学、高校教育の時期に当たり、3種類の学校があります。

・secondary/ comprehensive school

(誰でも入学可能な公立学校)

・grammar school

(入学試験があり、secondary schoolよりよい教育が受けられる)

・public school

(高い授業料が必要だが、質の高い教育が受けられる)

 

イギリスでは学年のことを“grades”ではなく“years”と言います。中等教育は5学年(11歳~16歳)まであり、5年生でGCSE`s試験を受けることになっています(GCSE`s: General ertificate of Secondary Education.以前は0レベル(Ordinary Level)と呼ばれていました)。3~15学科のGCSE`sを選択することができ、その学科は科学、1~2種類の外国語、歴史と地理、数学、国語と文学など一般的なものです。AかBかCと評価されれば、卒号することができ、それ以下は落地となります。この段階で働くか、2年間Aレベル(Advanced Level:大学へ入学する多面御資格)取得に向けて学習するため6学年(高校に当たる)へ進級するかを選択できます。

宗教に関する英会話2

  1. Good God/ Bloody Hell/ Jesus Christ [驚きや、ショック、怒りの表現。罰当たりとみなされる]

Bloody Hell! Look at that .”

(わぁーお。あれを見てみろよ。)

 

Jesus Christ!”You made me jump.

(驚いたなぁー。ビックとしたよ。)

 

6.goner[死んだ人、死にかけた人]

“He looks a goner to me.”

(僕には彼は死んだように見えるよ。)

 

7.Adam and Eve it[believe 信じる:コックニースラング]

“I don`t Adam and Eve it! He asked you to marry him?”

(信じられない!彼に結婚を申し込まれたの?)

 

8.the gods[劇場の最上階にある(見えないので)安い席]

“I could only get the tickets for the gods.”

(一番安い席のチケットしか取れなかった。)

 

9.kick the bucket/ snuff it/ pop off/ pass away/ pop one`s clogs [死ぬ]

“I hear old Harry`s popped his clogs, poor chap.”

(ハリーじいさんがなくなったらしいよ、かわいそうに。)

 

10.one`s number is up[絶対絶命/命もこれまでだ]

“Poor dear. Her number`s up.”

(かわいそうな子だ。彼女の命も終わろうとしている。)

 

11.pushing up daisies[死ぬ、死んで埋蔵される]

“He`s been pushing up daisies for nearly a year now.”

(彼がなくなってから1年近くたつ。)

 

12.fatwa[イスラム法宗基に基づきイスラム教専門家が死刑の宣告をすること]

“A fatwa was issued against Salman Rushdie.”

(サルマンラッシュディーに対してイスラム法死刑宣告がされた。)

 

宗教に関する英会話

イギリス史の中心は宗教です。イギリス国家独立の最も重要なものの一つが、ヘンリー8世が遂行したローマカトリック教会からの離脱ではないでしょうか。イギリスにいる50%の人々は英国国教会(プロテスタント)に属します。次いで、カトリックが2番目に大きく、他にもイスラム教、ヒンズー教、ユダヤ教などが自由に信奉されています。

今日、大多数の人々は礼拝へ行きません。行ったとしても、1年に1、2度、結婚式や洗礼、クリスマスだけでしょう。これは、科学的知識が宗教を社会の端へと押しやってしまったからだと考えられます。

 

1.Bible-basher[極めて信心深いキリスト教信者]

“We had a Bible-basher come to the house yesterday”

(昨日、家に信心深い人が来たよ。)

 

2.God squad[教会員]

“He`s a member of the local God squad.”

(彼は地域の教会員の一人です。)

 

3.Old Nick[悪魔、魔王のこと]

“You are as a bad as Old Nick himself.”

(あなたは悪魔と同じくらい悪い子だわ。)

 

4.Prot/ Prod[プロテスタント]

“The Prots live mainly in the north.”

(プロテスタントは元に北部に住んでいる。)

イギリス人の食生活

スポーツはイギリスで大変人気があります。しかし今日の労働階級の人々は体に良くない料理を多く食べ、喫煙し運動しないという傾向にあります。しかし中流階級の人々は逆に、健康食品に凝り、有機栽培で育てた作物を食べ、定期的に運動する傾向にあるようです。

イギリス人にとってりんごは健康の象徴で、“An apple a day keeps the doctor away.”(1日1個のリンゴで医者いらず)というくらいです。

イギリス人は、自分たちのリンゴにとても誇りを持ち世界一だと思っています。500種類以上のリンゴがありますが、多分Cox`s applesがもっとも有名なのではないでしょうか?“A rotten apple”(ほかに悪影響を及ぼすもの)“The apple of one`s eye”(非常に大切なもの・人)“To upset the apple cart”(人の計画を台無しにする)など、appleを使った言い回しもいくつかあります。

イギリスの果物や野菜は高い品質を保ちますが、日本に比べるとずっと安く手に入れることができます。日本のメロンやサクランボの値段をイギリス人が見たら大変驚くことでしょう。

スポーツ

国が豊かな時は、余暇のために時間とお金を使う事ができます。イギリスはかつて、地球上でもっとも富んだ国家であったため、スポーツに多くの時間を費やすことができました。その結果、多くの世界的スポーツ(サッカー、ラグビー、テニス、ゴルフ、ホッケー、スカッシュ、クローケー、馬術競技など)を発明するに至りました。

残念なことに、これらすべてのスポーツを発明したにっもかかわらず、イギリスがその世界一位の座を保ち続けることはできていません。

現在、意義r巣で最も人気のあるスポーツはfootball(サッカー)です。かつてリバプールの監督をしていたビルシャンキーは次のように言っています。

“Some people think football is a matter of life and death. I can assure them it is much more serious than that.”「サッカーは生死にかかわる問題だという人がいるが、私に言わせれば、それ以上に重要なことだ」

イギリス人の多くは、男性も女性も自分たちの地元チームの熱狂的なファンです。残念ながらサッカーファンの中にはけんかすることが目的のフーリガン(hooligans)の一団がいます。

スーツについて

イギリスでは着ている服でその人の階級を判断できることがあります。ほとんどのイギリス人は日本人ほどブランドネームは気にせず、日常はジーンズやTシャツなどカジュアルな服を着ています。しかし年間を通してdress-up(ドレスアップ)する機会が多くあります。

チャールズ2世によって考案されたスーツは、イギリスの誇る世界的発明の1つです。もっともよいスーツを買うならロンドンのSavile Rowでオーダーメイドするのが良いでしょう。ジャケットに20箇所、ズボンに5箇所の採寸が行われ、1着のスーツに平均3回の仮縫いをします。それぞれのスーツは275から300バーツから、ほとんどすべて、手作り業で仕立てられます。伝統的なスーツは、袖に4つボタンがあり、後ろにベントが1つあります。

シャツを買うならロンドンのJermyn Streetです。シャツの伝統的スタイルはダブルカフスで胸にポケットがないものです。念のためイギリスへ行くときは、フォーマルとインフォーマルを用意します。あくまでもover dressは禁物です。

お金の話

イギリスでお金に関する話をするときには、少し気を付ける必要があります。どれくらい収入があるかを言ったり、聞いたりは絶対にしません。間接的な訪ね方は、何をして生計を立てているかとです。最近ではアクセントだけで生活水準をしることは不可能です。

 

brass (お金)

“I don`t make enough brass to go there.”

(そこに行くのには身分不相応です。)

 

reddies(現金)

“Got any reddies on you?”

(現金を持っていますか?

※お金や現金を表す言葉 dough, dosh, lolly, spondoolicks, breadなど

 

kitty(共同資金また勝負事の賭け金

“There was L50 in the kitty.

(みんなで使えるお金は50ポンドあります。

 

“Everyone has to contribute a tenner to the kitty.

(全員、共同資金に10ポンド入れなくちゃなりません。

 

coppers(小銭)

“I need some coppers for the machine.

(販売機用に小銭が必要です)

 

a mint/ a packet/ a small fortune/ a bundle(大金)

“That must have cost a mint.”

(それには大金がかかったに違いありません。)

 

“Don`t spill anything on the carpet. It cost us a small fortune.”

(カーペットにこぼすなよ。結構高かったんだから。)

 

shirt(持っているものすべて)

“I wouldn`t bet your shirt on it.”

(僕だったら、あり金全てを賭けたりはしないだろう。)

天気の話2

天気は“Nice day again.”や“Warm for December.”や“Cool for July.”など、和やかな会話はじめによく使われます。結果的にイギリス人は天気のことばかり気にかけており、クリスマスに雪が降るか降らないかかけたりもします。7千人以上の人々がテレビの天気予報を確認していますが、これは非常に驚くべきことです。なぜなら、天気はいつもほとんど変わらず、常に悪天候なのですから。陰気で、悲観的なイギリスの国民性には、きっとこの天気が大きく影響しているに違いありません。

 

spot (ぽつぽつ雨が降る)

“We might be in for a spot of rain today.”

(今日は雨が降りそうです。)

 

“I just felt a spot of rain.”

(今、ポツリと雨を感じました。)

 

brass monkeys(とても寒い)

“It`s brass monkeys out there today.”

(今日、外はとても寒いです。)

 

parky/ nippy/ chilly(かなり寒い)

“It`s a bit parky today, isn`t it?”

(今日はかなり寒くないですか?)

 

boiling/ baking/ roasting (うだるように熱い)

“I wouldn`t go outside. It`s baking.”

(外にはいかないだろう。だってうだるように熱いよ。)

Beer and Pubs

各地方にビール醸造所があるイギリスには、ビールすきにとって選ぶのを迷ってしまうくらい豊富に種類があります。

ラガー(日本のビールに似ています)は冷やして飲みます。

ビター薄茶色をしたビールで貯蔵室の温度で飲みます。従って、冬は冷たく、夏は少しぬるいかもしれません。

黒ビールまたはスタウト、ギネスがもっとも有名なビールです。

日本のビールも含めて世界中から輸入されたビールなど。

イギリスのpublic house(パブ)はイギリス社会生活の中心です。

イギリスのパブはそれぞれに雰囲気があり個性的な人がいます。多くのイギリスのテレビドラマ、例えばCoronaton Stree, Eastendersなどには、演技の中心にパブができます。

There is nothing which has yet been contrived by man by which so much happiness is produced as by a good tavern or inn.「酒場やパブほど幸せを生み出すものは、他にはまだ考案されていない」ということは “The life of Johnson”より1776年、James Boswelが言っています。

イギリス人は青銅器時代以来boozeを楽しんでいましたが、ローマ人がイギリス諸島を侵略するまでは、イギリスにはTavernは存在しませんでした。