天気の話2

天気は“Nice day again.”や“Warm for December.”や“Cool for July.”など、和やかな会話はじめによく使われます。結果的にイギリス人は天気のことばかり気にかけており、クリスマスに雪が降るか降らないかかけたりもします。7千人以上の人々がテレビの天気予報を確認していますが、これは非常に驚くべきことです。なぜなら、天気はいつもほとんど変わらず、常に悪天候なのですから。陰気で、悲観的なイギリスの国民性には、きっとこの天気が大きく影響しているに違いありません。

 

spot (ぽつぽつ雨が降る)

“We might be in for a spot of rain today.”

(今日は雨が降りそうです。)

 

“I just felt a spot of rain.”

(今、ポツリと雨を感じました。)

 

brass monkeys(とても寒い)

“It`s brass monkeys out there today.”

(今日、外はとても寒いです。)

 

parky/ nippy/ chilly(かなり寒い)

“It`s a bit parky today, isn`t it?”

(今日はかなり寒くないですか?)

 

boiling/ baking/ roasting (うだるように熱い)

“I wouldn`t go outside. It`s baking.”

(外にはいかないだろう。だってうだるように熱いよ。)

Beer and Pubs

各地方にビール醸造所があるイギリスには、ビールすきにとって選ぶのを迷ってしまうくらい豊富に種類があります。

ラガー(日本のビールに似ています)は冷やして飲みます。

ビター薄茶色をしたビールで貯蔵室の温度で飲みます。従って、冬は冷たく、夏は少しぬるいかもしれません。

黒ビールまたはスタウト、ギネスがもっとも有名なビールです。

日本のビールも含めて世界中から輸入されたビールなど。

イギリスのpublic house(パブ)はイギリス社会生活の中心です。

イギリスのパブはそれぞれに雰囲気があり個性的な人がいます。多くのイギリスのテレビドラマ、例えばCoronaton Stree, Eastendersなどには、演技の中心にパブができます。

There is nothing which has yet been contrived by man by which so much happiness is produced as by a good tavern or inn.「酒場やパブほど幸せを生み出すものは、他にはまだ考案されていない」ということは “The life of Johnson”より1776年、James Boswelが言っています。

イギリス人は青銅器時代以来boozeを楽しんでいましたが、ローマ人がイギリス諸島を侵略するまでは、イギリスにはTavernは存在しませんでした。