発音の違い

アメリカ人の発音とイギリス人の発音はとても違います。また、アメリカ人同士でも、生活している地域によって発音が違いますし、これはイギリスっでも同じです。イギリス南部の人々は、アクセントや表現が違う北部の人々の話を理解するのに、大変苦労します。英語学習者の頭を悩ませていることの一つに、単語の綴りと発音が一致しないということがあります。みんなさんは、つぎの綴りを読むことができますか?太字の発音を手掛かりとしてチャレンジしてください。

ghoti”はどう発音するでしょう?

ヒント:enoughgh, womenのo,nationのti

 

 

答え“fish”

 

同じ発音でもスペルが違ったり、同じスペルでも発音が違ったりと、学習者にとって、分かりづらい単語がたくさんあります。

Sea(海)/ see(見る)、meat(肉)/ meet(会う)、beard(あごひげ)/ heard (hearの過去)、 now(今)/ low(低い)、break(壊す)/ speak(話す)、give(与える)/ hive(ミツバチの巣)、live(住む)/ live(生の)、read(読む)/ read(readの過去)など。

スペリングの違い

イギリス英語とアメリカ英語では、綴りに多くの違いがあります。これはアメリカ製コンピューターソフトを使うイギリス人にとっては、困ったことです。イギリス式に多々敷く綴った単語でも、アメリカ製のソフトにスペリングミスとして、はじき出されてしまいます。アメリカ英語の綴りは意義る市のものと比べて短くなる傾向にあり、イギリス英語では、同じ発音をする単語を区別するために、tire/tyreのようによく異なった綴りをします。

ところで、Tシャツやバッグ、レストランなど、東京ではスペリングをはじめとした英語の間違いをどこでも見つけることができます。あなたは綴りが間違っていたり、意味のない日本語がプリントされたTシャツを着たいとおっもいますか?(私はそんなこと、恥ずかしくてできません。もしそれがファッションなら、私も受けられません!Spelling miztackes iz kool!)

英:cheque  米:check (小切手)

英:ageing  米:aging (老化)

英:judgement 米:judgment (裁判)

 

 

アメリカ英語

アメリカ英語はどのように始まったのでしょうか?

How did American English Begin?

 

イギリスが主要な海洋で勢力を増やすと、英語はtrade(貿易)、conquest(征服)、colonialism(植民地主義)に姿をあえて世界に広められました。

イギリスの植民地は全て異なった理由で作られ、そうした事情がその地で使われる英語に影響を与えました。アメリカの植民地化は商業的拡大を視野に、また宗教的迫害を逃れるため、オーストラリアにおける植民地はもともと犯罪者の流刑地として建設されました。そして西インド諸島はプランテーションの地として利用され、アフリカから強制労働者が連れてこられました。南アフリカは軍事的理由で植民地化され、後にイギリス農民の農地となりました。

更に職人地が作られた時期が異なれば、そこで話される英語も異なります。例えば、1620年にメイフラワー号でアメリカ大陸に渡った英国清教徒団が使った英語は、1788年にオーストラリア・シドニーの南、ボタニー湾へイギリスから送られた囚人の使った英語とはかなり違っていました。

前置詞の重要性

前回紹介した前置詞を、もう少し詳しく説明しましょう。

英:I`ll write to you.

米:I`ll write you.

(手紙を書きます。)イギリスではwrite の後ろにtoが必要ですが、アメリカでは無しです。

基本はどちらでもどの国で通じますが、ありとなしはお互いの国で妙に聞こえます。

 

英:This is different to mine.

米:This is different from mine.

(これは私のものとは違います。)

 

英:He used to wait at tables.

米:He used to wait on tables.

(彼はかつて給仕をしていました。)

 

英:I helped him to finish his work.

米:I helped him finish his work.

(私は彼の仕事がお和あれるように手伝いました。)

 

英:John came round today

米:John came over today.

(ジョン今日立ち寄りました。)

 

英:We live in King Street.

米:We live on King Street.

(私たちはキング通りに住んでいます。)

 

英:I`m in two minds about it.

米:I`m of two minds about it.

(それについて迷ています。)

 

英:It felt like a new lease of life.

米:It felt like a new lease on life.

(寿命が延びたような気持ちです。)

 

上記の用法の中には、アメリカ英語を吸収しつつあるものもありますが、完全にそうなるには、まだ時間がかかるでしょうね。

 

大阪梅田の英会話スクール

使われてる単語に、英米 での違い

Have (got) to は、イギリスでも現在使われていますので、この違いはなくなりつつあります。

英:This must be the best film I`ve ever watched.

米:This has (got) to be the best movie I`ve ever watched.

(これは私が見た映画の中に最高の映画に違いないです。)

よく読んでみると、この中に、must/ have (got) toの違いだけではなく、「映画」という単語は、イギリスとアメリカで使われてるのも違います。

 

英:This must be the shop.

米:This has (got)to be the shop.

(これがお店に違いないです。)

 

 

Canはイギリスでもアメリカでも「can」は能力(You can do it.)や許可(You can go now.)として使われています。しかし否定的な推論をするときには使い方の違いが生じてきます。

英:If you were late, you can`t have finished your homework on time.

米:if you were late, you mustn`t have finished your homework on time.

(遅れたということは、君は時間までに宿題を終われられなかったに違いないです。)

 

英:If they weren`t there , they can`t have left home.

米:If they weren`t there, they mustn`t have left home.

(もし彼らがそこにいないなら、かあれらはまだ家を出ていないはずです。)

 

もう一つ重要は違いは前置詞の違いがあります。意味に影響することはありませんが、お互いに奇妙に聞こえます。

 

英:I`ll see you at the weekend.

米:I`ll see you on the weekend.

(週末に会いましょう。)

 

アメリカ英語とイギリス英語

 

イギリス英語とアメリカ英語はよく違うことはご存知するかもしれませんが、どこまで違うのでしょうか。実はイギリスで多くのアメリカ英語が使われています。イギリス人は様々な状況で両方の英語を使いますが、アメリカ人がイギリス英語を使うことはほとんどありません。

 

①have go

以前ならhaveの使い方にもっと多くの違いがありましたが、今は過去形で使われる「had god」だけ実際に主な違いとして残っています。

 

イギリス:I went home early because I had got a lot of homework.

アメリカ:I went home early because I had a lot of homework.

(私は宿題がたくさんあったので、早く帰った。)

 

イギリス:She went to bed early because she`d got a stomachache.

アメリカ:She went to bed early because she had a stomachあache.

(彼女はお腹が痛かったので、早く寝た。)

 

アメリカ人にとって「He had just got a new house.」というイギリス英語はとても無教養に聞こえます。一方、アメリカ英語だと「He had just gotten a new house」はイギリスに奇妙に聞こえます。

 

実際に所有を表すとき、イギリス人はhave got、アメリカ人は haveを使います。

文法は基本ですが

文法は英会話の基本ですが、文法が分からなくても会話できない訳ではありません。ただ会話に進むのか応用など少し困難するかもしれません。ただ、日本人はよく文法にこだわっているのに喋れないかたも少なくはないのですが、今まで習った英単語にどのように効率的に使えば英会話ができるのでしょうか。実は中学校3年間の英語教育で蓄積された知識はとても大事な武器であり、あのごろ覚えた英文法は甦らせて、無理なく工夫したら簡単に英会話はできるということです。

このブログは海外出張や海外旅行に行くときよく使う場面をイメージして、英会話を紹介したいと思います。ほとんど中学英語レベルの文法と単語を使いますが、頭の中にその英語の使う状況を想像しながらイメージを結んで、例文を覚えやすくなると思います。

 

基本動詞を使って表現はいろいろです

Have

原形 have, 過去had, 過去分詞had

頭痛も黒髪も兄弟もみんな持っていると考えるとhaveで表示します。

 

I have some money with me.

I have a care.

I have a brother.

I have a cup of coffee.

I have an idea.

 

Haveはいろいろな意味があって、「持っている」意味は広い意味です。所有する、ある性質がある、などなどいろいろな意味を含まれています。