大阪のとある邸宅で買取遺品整理業者さんが来られていました

人が亡くなると、悲しみに暮れている時間もなく様々な事に追われます。
それは様々な手続きから葬儀そして遺品整理など、ゆっくりと思い出に浸る事が難しいのが今の現状です。
しかし遺品整理にあたっては、今はその整理を請け負って下さる業者があります。
私の住んでいる大阪のとある地域でも、つい先日その業者の利用がありました。
大きな邸宅で亡くなられた方がいらっしゃったようで、業者の方々がたくさんの遺品をトラックに積み込んでおられました。
豪華なシャンデリアなども積み込まれていて、それらは買取をして頂いているご様子でした。
人は生きていると、物を買ってもずっとそれは自分の身の回りにあり続けると思ってしまいがちですが、
亡くなってしまうとあの世へはそれは持って行けないのだと、その場面を見てつくづく思ってしまいました。
生前整理とは近頃よく聞きますが、自身がそのような業者さんにいつお世話になってもいいようにと、
身の回りの物はいつもきれいにまとめておきたいと思いました。